業務案内

MF膜ろ過装置

用水処理装置設備 膜処理装置

飲料水の場合、水道法で残留塩素を0.1ppm以上添加しないといけません。しかし処理水に残留塩素を添加して滅菌していたとしても、次亜塩素で死滅しない菌がいます。代表的なものにクリプトスポリジウムやレジオネラなどがあげられますが、これらの菌は人体に悪影響を及ぼします。MF(マイクロフィルター)やUF(ウルトラフィルター)は、これらの菌体を膜により除去できます。

カタログのダウンロードはこちら